映画「ザ・バッド」を見た

物語は、浜辺に立つ女性の絵画(写真2)にほれ込み、

だから美術館の守衛を続けているロジャー(クリストファー・ウォーケン)は、妻のローズ(マーシャ・ゲイ・ハーデン)からは隠居しようと言われています。そんなとき美術館の持ち主が替わり、浜辺の女性の絵画など自然主義的な作品をデンマークに売り、現代美術の作品と入れ替えるという話になる。そこでロジャーは、同じように美術品に惹かれて守衛をしているチャールズ(モーガン・フリーマン)とチャーリー(ウィリアム・H・メイシー)と組み、それぞれが惹かれている美術品を盗み出そうとします。

冒頭、老守衛のウォーケンが、突如乱入した強盗団と銃撃戦を始めて美術品を守るという展開は、お約束の空想だったなど、実にあたりまえの展開がゆるゆると続きます。それでも老人三人組の凸凹泥棒団だから、そう目くじら立てて怒る気にもならない。そんな作品でした。

オハナシがオハナシですから、英語のセリフであっても物語の進行は分かるわけで、そういう意味ではアメリカで字幕なしのときの方がまだ気分が乗っていたかな。それでも当時の日記には、いまいちという反応でした。そういう映画をわざわざ見直して、さほど惨憺たる印象でないということは、この「ザ・バッド」がいい映画だからではなく、やはり「アイアンマン3」効果であることは間違いないでしょう。

映画「オブリビオン」を見た.

見終わって、何か不足している気がしていました。それにさっき気づいたのですが、それはアメリカ版予告編で聴いたザ・バンドの“ウェイト”がないこと。

プロコル・ハルムの“青い影”になっている。

“ウェイト”の主メロになる前の、ドラムのイントロで終わっていたからよかったのに、“青い影”がろうろうと流れるのは饒舌すぎるなぁ。

そういうところが作り手のダメなところだと僕は思う。もっとも「トロン」をあの程度にしかリメイクできない監督だから、ないものねだりでしょう。

主人公が50歳のトム・クルーズでなければ、もっと楽しめたように思えます。とはいえ風景がけっこう楽しめたのは収穫。SF映画だからとそれ風のCGだけにしないで実景を使っているので、気持ちが落ち着くわけです。日本のアニメで、21世紀の半ばなのに現在と同じ電車が走るやつがあり、想像力の欠如を感じた直後だったこともあります。←新海誠「ほしのこえ」ね。せめて写真3くらいの近未来映像を作ってほしい。わざと自分の幼年時代の絵にしたという言い訳はきかないからね。

冒頭の出会いのシーンは、クリス・マルケルの「ラ・ジュテ」を想起させるモノトーンでした。その時点で僕は好意的モードに入っていたと言えるかも。

でも水準の娯楽作だと思います。

映画「デュバリイは貴婦人」を見た

物語は、クラブのスター歌手(ルシール・ボール)にお熱を上げる帽子係(レッド・スケルトン)とダンサー兼歌手(ジーン・ケリー)の恋愛劇。そこへトミー・ドーシー楽団などが演奏して、バラエティー・ショーを展開します。これを矮小化したのが「シャボン玉ホリデー」でしょう。

コメディ・リリーフとしてゼロ・モステルたちがからみますが、いまひとつ切れ味がなく楽しめませんでした。

しかしジーン・ケリーがタップダンスを踊るシーンは見ものでした。

コール・ポーターの“Do I Love You?”を歌いながら、十数人の美人ダンサーたちと踊りまくるシーンは圧巻。とくにクライマックス、ジーン・ケリーが腕立て伏せをしながら美女の足元をくぐり抜ける(美女たちが跳んでよける)シーンにびっくりしました。

こういう作品を1943年に作っているというところがハリウッドですね。いちおうアメリカ本土でも、バターなどいろいろなものが配給になっていたはずですから、後半レッド・スケルトンの夢のシーンで、フランス革命当時の王宮の贅沢な生活が描かれるというのは、観客にとって複雑だったんじゃないでしょうか。“民主主義”という言葉で王政打倒を叫ぶあたりに、天皇を頂点にした日本を意識している部分もある。

紫外線対策は万全に

男性用の日傘や美白化粧品が売れているそうです。小麦色の肌が自慢という昔のイメージとは違って、今は老化を防ぐために太陽の光を防ぐ必要があります。

オゾン層の破壊によって、紫外線が年々強くなってきています。

私たちも知らないうちに紫外線にさらされていますから、日焼け対策には気をつけなくてはなりません。

日焼け止めをきちんと塗ることや、帽子やサングラスで紫外線を防ぐことも大切になってきています。

日傘も、ポリエステルなどの安いものでなく、絹や綿、麻などの自然素材で熱がこもらないものを使用し、皮膚がんなどを防いでいきたいものです。

日傘といえば、女性がさすものと思われていましたが、最近では、男性用の日傘のコーナーも設けられているそうですから、それだけ需要が増えてきているという事ですね。

どんな違いがあるのかちょっと興味があります。

来年はもっと日差しが強くなるでしょうから、1本物のいい日傘を用意しておきたいものです。

アジア大会でも三冠の荻野選手

水泳のアジア大会で荻野選手が大活躍していますね。体に余分な力が入っていないで、一直線に泳いでいる綺麗な泳ぎは、見ていてもとても気持ちがいいです。

厳しい練習でも明るく振舞って、いくら活躍してマスコミから騒がれても、自分の目標を失わず、コツコツ努力しながら素晴らしい成績を収めていらっしゃる荻野選手。

そんな明るさや生き方を見習いたいものですね。私も水泳を習っていましたけれど、体幹を鍛えないと、身体がフラフラして余計な動きが多くなってしまいます。

あれだけの素晴らしい記録を出していらっしゃる荻野選手は、陸上でも相当なトレーニングをしていることでしょう。

私はテニスも習っていますが、テニスでも体幹を鍛えておかないと、左右前後に振られたときに、

体勢を崩してボールがうまくコントロールできないという結果になるのです。

いろんなスポーツに共通していることですね。力を抜くとか、体幹を鍛えるとか。私も頑張りたいと思います。

ワンピース ドフラミンゴがローを殺さない理由

ドフラミンンゴはローとドレスローザで3回ぐらい戦っていますが、いずれもドフラミンゴはローの命を奪っていません。これはローが強いため、苦戦したという事ではありません。あえて殺さずに瀕死程度または気絶ですべて終わっています。今のドフラミンゴ最も厄介な存在であるローですが、なぜ止めを刺さないのでしょうか。チャンスは何回もあったのにも関わらずです。これはにはドフラミンゴと藤虎の関係があると思います。ドフラミンゴはローを消すつもりでしたが、海軍大将である藤虎はローの逮捕が目的であるためだと考えられます。グリーンビットでドフラミンゴは藤虎に攻撃を途中で止められてしまい、藤虎は逮捕が目的だという事を伝えています。ドフラミンゴはまだ王下七武海なので、海軍側なのでさすがにあまりにも身勝手な行動はできないのかもしれません。ましては海軍大将と戦闘するなんて絶対に避けたいと考えているはずです。敵対すれば大将を相手しなければいけないのと、王下七武海としての立場も危うくなります。

LINEをはじめて

ずっと拒否していたLINEを始めました。LINEのイメージとして、ばかばかメールが来る、従って携帯が気になってしょうがない、ということは結局

携帯依存症になってしまう。といったイメージが私の頭の中にはありました。まずLINEの登録をしたそばから次々とメールがはいり、これは恐ろしいことに

なったぞと思いました。やぱりLINEは携帯依存症にしてしまうんだ、やっぱり思った通りなんて思いましたが、おばちゃんである私の場合はその瞬間だけ

携帯依存症チックな感じになりましたが、以降さっぱりLINEが着ません。高校生の娘も一緒に始めて、ちょうど学園祭の連絡等バンバンメールが入り、

やっぱり子供にはよくないと思っていましたが、文化祭が終わるとさっぱりしたものです。娘もLINEが着ていても見ない時もありますし。思ったほど

依存症になるようなことはないんだなと思いましたが、着てるかな?なんてチェックする回数は増えました。

友人と会うも暇

私は土日はいつも友人Aが私の家に遊びに来ますが、最近かなり暇になってしまいました。毎週来ていますが、やる事が無く、2人でテレビを見てるだけです。少し前は携帯ゲームで2人で協力プレイなどをして、それなりに楽しめたのですが、今は何もしていません。毎週テレビを見ながら喋るだけです。これだと私の行動を狭めるだけではと感じてしまうほどです。これはまずいと考えていますが、打開策はやはり協力プレイができるゲームです。少し前にやっていたゲームは続編が発売する事が決まったのと前作からデータを受け継げるので、前作をやり込み後悔しないようにしようと思ってやっていましたが、これが大変な作業で、結局、お互いに心が折れてしまいゲームをやめてしまいました。Aは続編を購入したそうですが、私がやっていないという事もあり、封も開けていないそうです。私も心が折れてしまっていると単純作業で苦痛になっていた事などから続編は購入していません。

今年の欲しい物はほとんど購入

ついに今年は欲しい物をほとんど購入しました。欲しい物と言ってもフィギュアとゲームです。フィギュアはワンピースのフィギュアですが、7月、8月、9月と順番に発売して、すべて購入しました。あとは11月に発売するフィギュアがありますが、既に予約購入しています。ゲームに関しては元々欲しいゲームはありませんでした。毎年、冬にはアサシンクリードの新作が発売されて購入していたのですが、当初はps4とXBOXONE向けだったため、ps4本体を購入するほどお金に余裕はありませんでした。しかし夏ぐらいにps4などの次世代機のアサシンクリードとは別にps3向けにアサシンクリードの新作が発表されました。これに関しては完全に予想外だったので、購入する事にしました。今買ってもプレイできないので発売日の近くまでは購入しません。それまでにお金を貯めて、購入する時に余裕で購入できるようしたいと思います。早くプレイしてみたいです。

GTA5 アップデートは来るのか。

いよいよ今日はGTA5の1周年記念のアップデートが配信されると噂される日です。正確には1周年記念は先週でしたが、何もありませんでした。記念日にアップデートを配信する事が非常に多いので、何も無いというのは可能性としては低いと思います。しかしアップデート当日なのにアップデートの情報がほとんど出回っていない事などから、今日配信されるというのに疑問を感じています。今までだとアップデートされると噂されるとかなり盛り上がるのですが、現在はほんのわずかです。きっと前回のアップデートでユーザーを激怒させてしまったので、アップデートに期待する人が少ないのかもしれません。そもそもあくまで噂であり、公式の発表では無いので何とも言えないです。ついにゲーム内のお金をかなり稼げるようになる銀行強盗ができるようになると噂されています。しかし銀行強盗は春に実装する予定でしたが、現在も実装されていません。理由としてはグリッチが流行り過ぎてしまい、銀行強盗を実装する必要が無い状況だったので、今ままで実装されていませんでした。アップデートを期待しています。